交通事故で弁護士に依頼

何らかの事件の加害者になることは、ほとんど自分の行った犯罪に対する代償です。そこには自分の意志があり、実行するのも自分の意思です。しかし、交通事故の場合、加害者になるのはほとんど運転している側の過失です。よそ見をしていたり、他のことに気を取られていたり、飛び出してきた子どもに気づかなかったり、様々あります。もちろん、事故を起こした人は、轢いてしまった人に対して救護義務があります。つまり、救護義務を果たさなければ、犯罪者になってしまうのです。そして、救護義務を果たした後、被害者に対して慰謝料や損害賠償などの支払いです。このお金は、自動車保険に加入しておけばカバーされる面も多く、支払いに負われる可能性は少なくなります。しかし、示談する際、知識がなく、不安な人もいます。そのような場合、弁護士に依頼することもできます。

交通事故は弁護士に相談

弁護士、という単語はよく聞きますが、お世話になる可能性がほとんどない、遠い存在のように感じます。実際はそうではなく、自分の知らない裏方としてお世話になっている人も多数います。では、自分から弁護士に依頼する機会は、どのような時かと言えば、例えば一番身近な事柄は、交通事故です。運転する人ならば誰でも起こしたくないものですが、運悪く何かとぶつかってしまったり、自分の不注意により、人を撥ねてしまった場合です。事故処理が終わったあと、示談に入りますが、その示談の際、弁護士がいれば心強い味方となります。示談では、慰謝料、損害賠償の金額、後遺障害が残ってしまった場合など、様々な取り決めをしなければなりません。そのような場合、自分の代わりに交渉してくれます。また、法律のプロフェッショナルということで、自分一人ではできない、優位な立場に持って行ってくれることも少なくありません。

高速道路での交通事故も弁護士に頼む

色々と便利な世の中になってきました。道路を見ても、自動車が走っており、大きな国道になると、昼間は車を走っていない姿を見ることはほとんど不可能であるほど、自動車が使用されています。大きなトラックだと沢山の荷物が運べるため、高速道路には古今東西様々なトラックが荷物を運んでいます。しかし、自動車を運転する上で注意しなければならないのが、交通事故です。一般道ももちろん気をつけなければなりませんが、高速道路の場合、一般道よりもスピードを出して自動車を運転するため、速い反面、交通事故が起こった時、大惨事になる可能性もあります。高速道路は人が通れない分、人を撥ねる可能性は少ないですが、自動車同士の衝突や、ガードレールに衝突した場合など、可能性は否定できません。もしも事故を起こしてしまった場合、被害者がいれば、慰謝料等を支払わねばなりません。その金額を決める示談は後日行われますが、その時弁護士に頼んでいると、会話がスムーズに運ぶことが多く、自分で示談するよりも少ない金額で済むことが多いです。

交通事故を専門に扱う弁護士が無料相談受付中。当事務所では、交通事故に遭われた皆様が出来るだけ気軽に相談に来ていただけるように、相談料を無料としております。 弁護士特約のある場合の報酬額は旧日弁連基準です。 交通事故の解決まで中村・橋本法律事務所では丁寧にサポートします! もしも交通事故にあってしまった時、弁護士に依頼すれば保険会社との交渉をスムーズに行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です